グループ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
毎週月曜日は定休日です。 発送業務及びお問い合わせにご対応できませんのでご了承ください。

モバイル

Feed

クライミング時のマナーについて

フリークライミングは大きな岩などを登るスポーツです。
最近ではクライミングジムなども良く見かけるようになりました。
室内はもちろん、アウトドアでも楽しめるスポーツです。

すべてのスポーツにマナーがあるように、クライミングにもマナーがあります。

室内はもちろん野外においてもマナーが必要です。
野外ですと危険性もさらに増します。

マナーを十分に理解することで、安全に楽しくクライミングを楽しむことができます。

ここではクライミング時のマナーについてご紹介していきます。

ジムでのマナー

ジムによって多少ルールの違いはありますがクライミングにおいて当たり前とされているマナーをご紹介します。

【他の利用者に迷惑をかけない】

壁の前に居座るのは非常に迷惑です。
壁から降りたら、次に登る人の邪魔をしないように壁から離れましょう。
会話をする必要がある場合は、邪魔にならない場所に移動して行うようにするようにしましょう。

また、一回壁を登ったら、次に待っている人がいないか確認しましょう。

仲間同士でローテーションを組むと、他の利用者の方が全く利用できないことがあります。
ジムを利用しているのは自分たちだけではないということを忘れないようにしましょう。

野外でのマナー

【あいさつ】
基本的なことこそ忘れがちです。
あいさつをしっかりするようにしましょう。

また、岩場はその地元の方の協力によって利用することができます。
誰もが気持ちよく利用できるような心がけを常に意識しておきましょう。

【岩の掃除】
クライミングで有名なスポットは岩にチョークがついていることが多いです。
すべてを完璧に落とすことができませんが、岩についてチョークをブラシで落とすなど、自然環境にも配慮しましょう。

【靴の汚れ】
また、汚れた靴で岩を登ることは絶対にしてはいけません。
岩に土がついてしまうことで、すべりやすくなり危険性が増してしまいます。
他の利用者の方にも迷惑がかかってしまいます。
登る前には靴の汚れに気をつけるようにしましょう。

クライミング時のマナーについてご紹介については以上になります。
岩場がある場所は自然のものです。景観もありますが、常に環境についての心がけを忘れないようにしましょう。

クライミング時のマナーについて

室内はもちろん、野外にも最適なクライミング用品をお探しでしたら、当店におまかせください。
ドラゴンクライマーやプラナやフィンガージョイントなどのブランド商品はもちろん、様々なクライミング用品のブランドを取り揃えております。
通販にてお買い求めになれますので、どうぞお気軽にご利用ください。


 

ピックアップ商品