グループ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
毎週月曜日は定休日です。 発送業務及びお問い合わせにご対応できませんのでご了承ください。

モバイル

Feed

クライミングの種類

クライミングの種類

クライミングとは、手足を駆使して岩、または人口壁などを登るスポーツのことを指します。
クライミングには様々な種類があり、アルパインクライミングとフリークライミングに大別することができます。

アルパインクライミング

登山においての最大の目的は、頂上まで登ることです。
アルパインクライミングとは、その目的を達成するための手段を指します。
アルパインクライミングは、壁を登り切ることが重要になります。
そのため、アイゼンやバイル、あぶみなど多くの道具を使用します。
また、山の中でお泊りすることも多く、経験豊富な方でも大きな危険が伴います。

フリークライミング

フリークライミングのフリーは、自由のフリーではありません。
「道具を使わない」という意味のフリーのため、フリークライミングでは純粋に自分の手足のみで登ります。
しかし、あくまでスポーツのため、安全確保のための器具は使用が認められています。
そんなフリークライミングの中にも、様々な種類があります。

ボルダリング

安全マットの上で行う、安全性の高いクライミングです。
ロープを使用せずに、高さ4メートルほどの壁を登ります。
1番ポピュラーなクライミングで、ホールドと呼ばれる突起物を利用して登ります。
いろいろなコースがあるため、初心者から上級者まで多くの方に楽しんでいただけます。
クライミング用品は、クライミングシューズとチョークだけでいいため、誰でも気軽に始めることができます。
チョーク入れて運ぶ、チョークバッグがあると便利です。

トップロープクライミング

あらかじめ最上部からロープを垂らし、二人一組で高さ6.5メートルほどの壁を登ります。
ハーネスと呼ばれる安全ベルトを装着し、登る人はそれにロープを結びます。
もう一方の人は、登っている人に合わせてロープを調節します。
登っている人が落ちた場合は、ロープを調整している人がロープを止めてくれるため、安全性がとても高いです。
ロープを調整する人のことを、ビレイと呼びます。
登ること以外、特に技術を必要としないため、高さのある壁で存分に楽しむことができます。

リードクライミング

トップロープクライミング同様、二人一組で行います。
これは、カラビナと呼ばれる金具に自分でロープを結ばないといけないため、トップロープクライミングよりも難しいです。
未経験者には、これは危険のため、登ることができません。
しかし、ロープクライミングレッスンを受講すれば、登ることが可能となります。


 

ピックアップ商品